イヌタヌキモ - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

イヌタヌキモ

KIF_2761タヌキモの花.jpg2005.9タヌキモ.jpg

イヌタヌキモ
Utricularia australis /Utricularia australis form tenuicaulis
タヌキモ科タヌキモ属
環境省 準絶滅危惧種
国内分布:日本全国



全国の湖沼、ため池、水田などに生育し、多年生、浮遊性の種類である。従来、タヌキモとイヌタヌキモは混同されてきたが、タヌキモは、イヌタヌキモと北海道・東北地方に分布しているオオタヌキモとの自然交雑種であるという説が発表されている。

水生植物タヌキモ類における不稔雑種の形成と維持(第23回進化植物学研究会)
http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/seminar/2003/shinka/eb2004.pdf

茎は長く、1mを超えることもあり、基部で2本の枝に分かれ、さらに数回分枝して、各裂片は糸状になる。最終裂片には歯状突起が目立つ。条件にもよるが、多数の捕虫嚢をつける。花期は7〜9月であり、黄色い花を咲かせる。晩秋に殖芽が形成され、水中で越冬するが、この殖芽の形状で、ほぼ球形の殖芽を形成するのがタヌキモ、長楕円形の殖芽を形成するのがイヌタヌキモである。殖芽の形状を見れば、両者の違いは明らかである。
イヌタヌキモ殖芽.jpgイヌタヌキモの殖芽。タヌキモはここが球形になる。

参考文献

↓クリックをお願いします↓
banner_02.gif
記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。