写真と記事が全く関係ないのですが。。。 - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

写真と記事が全く関係ないのですが。。。


写真と記事が全く関係ないのですが。。。
Fumitada Tajima posted a photo to 環境npo支援・環境調査 水辺環境保全技術士事務所's timeline.
【京都】市民公開講座「希少魚の保全と放流:本当に魚を守り,増やすには」



おはようございます。

いつも、いいね!・コメント・シェアを頂き、ありがとうございます。

このところ、ご挨拶にお伺いできておらず、申し訳ありません。

本日も、どうぞよろしくお願い申し上げます。





さて、今週の土曜日、京都で魚類学会主催の市民講座が行われます。

ご興味のある方は、参加してみてはいかがでしょうか。



開催日時:2013年8月31日(土) 13:00〜17:00

開催場所:京都大学理学研究科セミナーハウス(京都市左京区北白川追分町)

アクセス:京都駅から京都市バス206系統(百万遍),17系統(京大農学部前)

京阪出町柳駅から徒歩約20分

http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent9/index.php?id=1

参加費: 無料



プログラム

第一部 講演

保全手法としての放流  渡辺勝敏(京都大学)



第二部 放流手法を用いた魚類の積極的保全:事例報告

イトウ:進化的に重要な単位を考慮した再導入と事後モニタリング

 江戸謙顕(文化庁)

ミヤコタナゴ:野生個体群を長期的に存続させるために―繁殖補助と生息環境の創出

 綱川孝俊・久保田仁志(栃木県水産試験場)

ヒナモロコ:行政,市民,研究者の連携による保全と再導入

 小早川みどり(日本魚類学会自然保護委員会)

イタセンパラ:生息地再生と野生復帰プロジェクト

 上原一彦(大阪府水生生物センター)

野生復帰を目指した域外保全:水族館の役割と限界

 池谷幸樹(アクア・トトぎふ)



第三部 パネルディスカッション ― 希少魚類の積極的保全に向けて

・コーディネーター:森 誠一(岐阜経済大学)

・パネリスト:北島淳也(東海タナゴ研究会)

  池谷幸樹(アクア・トトぎふ)

  上原一彦(大阪府水生生物センター)

  渡辺勝敏(京都大学)



#おはよう #環境

記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。