【埼玉県】20番目の「トトロの森」誕生  - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

【埼玉県】20番目の「トトロの森」誕生 


【埼玉県】20番目の「トトロの森」誕生 



おはようございます。

昨日も、いいね!、コメント、シェアを頂き、ありがとうございます。



映画「となりのトトロ」の舞台のモデルとされる埼玉県の狭山丘陵で、雑木林を購入するナショナル・トラスト活動を続けている公益財団法人「トトロのふるさと基金」が、「トトロの森20号地」を取得しました。



平成3年の1号地から数えて20年以上に及ぶ活動で、20カ所目の「トトロの森」となりました。早稲田大学所沢キャンパスに近く、同基金は「早大周辺に残された良好な自然環境を保全する上で弾みになる」と話しています。



今回取得した20号地は平坦地にある雑木林3468平方メートルで、約1200万円で購入した。コナラの大木やシラカシなどドングリのなる木が多い。猛禽類のオオタカが営巣したり、夏鳥のキビタキやホトトギスも訪れるとのこと。

今後、植物などの調査を行い、その結果を踏まえて管理方針を策定するそうです。



お近くの方は、管理ボランティアなどに参加してみると

いい経験ができそうですね。

本日も、良い一日になりますように!



#環境 #おはよう



写真は、トトロの森とは違います。
記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370630250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。