【いつまでも舞い続けてほしいチョウたち】・・・ - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

【いつまでも舞い続けてほしいチョウたち】・・・


【いつまでも舞い続けてほしいチョウたち】2



おはようございます。

昨日も、いいね!、コメント、シェアを頂き、ありがとうございます。

本日もよろしくお願いいたします。



本日も、昨日に引き続き、日本チョウ類保全協会の記事をご紹介いたします。

残念ながら、多くの種が絶滅の危機に瀕しています。

原因は何か?

どうすればいいのか?など

絶滅の危機に瀕したチョウたちをご覧頂き、

今、できることについて、考えてもらえるきっかけとなれば幸いです。



自然豊かな環境を、子供たちや孫たちの世代へ!



暑い日が続きますが、体調にはご注意下さいませ。

本日もよろしくお願いいたします。



#おはよう #環境
Fumitada Tajima shared 特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会's photo.
【いつまでも舞い続けてほしいチョウたち】2



オオウラギンヒョウモン Fabriciana nerippe



ヒョウモンモドキと並んでもっとも減少したチョウの一種です。



オオウラギンヒョウモンは、草丈の低い草原を好むチョウですが、

産業の変化などにより、草原がなくなり、生息地が失われてしまいました。



人間の生活に大きく影響をうけてきたオオウラギンヒョウモン。

これ以上少なくならないようにしていきたいです。







日本チョウ類保全協会では、チョウを出発点として、

日本の自然環境の保全を進めています。



いいね!、コメント、シェアで応援よろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/Butterfly.Conservation

記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。