中池見湿地の利用についてのシンポジウム(・・・ - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

中池見湿地の利用についてのシンポジウム(・・・


中池見湿地の利用についてのシンポジウム(福井)



おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

ラムサール条約湿地である中池見には、北陸新幹線が重要拠点を通過する計画になっており、目が離せないですね。

関心のおありの方は、シンポジウムに参加されてはいかがでしょうか。





湿地保全のための環境NPO法人「ラムサール・ネットワーク日本」(東京)が29日、敦賀市内で

シンポジウム「ラムサール条約湿地の賢明な利用を考える」を開く。

同条約登録の中池見湿地(同市樫曲)を主なテーマに北陸新幹線のルート問題も取り上げる。



公益財団法人「日本自然保護協会」との共催でシンポジウムは2部制。

前半で環境省野生生物課の中島慶二課長が条約湿地の管理に関する実践を報告。

地元NPO法人「中池見ねっと」の上野山雅子さんらが保全の取り組みと課題などを紹介する。



後半では、中池見湿地を通る北陸新幹線の着工ルートを主な議題として、パネリスト4人が交通の利便性と自然保護の両立、地元との合意形成をどう図るかなどについて議論を交わす。



入場無料。午後1時半〜5時半。

会場は同市桜町の複合文化施設「きらめきみなと館」小ホール。

問い合わせは、ラムサール・ネットワーク日本((電)03・3834・6566)へ。





いつも、いいね!・コメント・シェアありがとうございます。



クイズ「eco検定に挑戦」

http://env.sub.jp/facebook_eco1/



#おはよう  #環境
記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。