イギリス、河川と周辺の自然環境を集水域単・・・ - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

イギリス、河川と周辺の自然環境を集水域単・・・


イギリス、河川と周辺の自然環境を集水域単位で守る新たな取り組み



おはようございます。

新しい一週間の始まりです。頑張っていきましょう!





イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)では、イングランドの河川と

周辺の自然環境を集水域単位で守る新たなパートナーシップの枠組み

「集水域単位でのアプローチ」を開始すると発表しました。



これは地域の住民や環境団体が、それぞれの地域の河川と周辺の

自然環境や野生生物の保護、水質の向上により責任をもって

取り組むように促すものです。

今後、地域の自主的なパートナーシップにより保全活動が行われます。



水辺の環境を守る時には、その場所だけでなく水源も含めて

「集水域単位」で保全に取り組む必要があります。

イギリスでは、その仕組みを政府が率先して予算を組んで行うと

いうことで、この流れが日本にも波及してくることを大いに期待したいところです。



では、今週もよろしくお願いいたします。





いつも、いいね!・コメント・シェアありがとうございます。



クイズ「eco検定に挑戦」

http://env.sub.jp/facebook_eco1/



#おはよう  #環境
記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367351061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。