COP10最終日 どうなる名古屋議定書? - 水辺の希少生物たち −タヌキモからゲンゴロウまで−

COP10最終日 どうなる名古屋議定書?

生物多様性について

生態系の損失を食い止めるために名古屋市で開かれていた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は29日、最終日を迎えた。生物多様性保全のための世界目標や遺伝資源の利益配分についての国際ルール(名古屋議定書)づくりは先進国と途上国の溝を埋めることができなかった。このため、議長を務めている松本龍環境相が各国に議定書案を示した。

生態系保全の世界目標、途上国支援の資金支援、遺伝資源をめぐる議定書を名古屋で完成させるべきとして、協議されているが、果たしてどうなるか。。。
結局のところ、利用する側と利用される側との対立構図がクローズアップされちゃうのかな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000513-san-int
記事がお役に立てば、ブログの応援、よろしくお願いします!
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いつも応援ありがとうございます
banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。